Menu
 
English English

Makoto Nishikawa

Location

Yokohama-City,Hodogaya-Ku, Kanagawa, Japan


クォンタムタッチ認定プラクティショナーです。

現在、会社勤めをしながら、手技療法を練習し、技術を磨いています。

我が家のインコは、2011年の7月に、腎臓癌を宣告され、手の施しようがない
状態でした。そんな時、QTに出会いました。
 
同年12月には、青いくちばしも茶色になってしまい、餌を殻から剥く力もなく、
水も飲まなくなり、小さくくるまって、じっとしている時間がほとんどになりました。
日に日に衰弱していっているようでした。

オイルヒータのうえで温めながら、QTを、1日3~4時間やりました。
すると 3日後には、毛づくろいをはじめ、水を飲むようになり、餌も食べるように
なりました。鼻の色も半分ほど水色に戻りました。  
次の週、QTで元気になったインコを、主治医のところに連れて行きました。

鼻の色も真っ青に戻っており、触診でしこりもなく、再度撮ったレントゲン
には、癌の影は全くなく、腎臓は正常とのことでした。
主治医は、「あれほど大きな腫瘍があったのに、・・・」と怪訝な顔をしていました。

同調と共鳴の科学的な原理に基づいて、特定の呼吸法と簡単な身体瞑想エクサ
サイズを組み合わせ、自然でありながらも強力なエネルギーヒーリングの「場」を
造り出します。

インコの例の様に、QTは安全で自然な方法で肉体の内なる自己治癒力を高めると
共に、効果のほどに限界がありません。
私たちの体は、計り知れない癒しのエネルギーを秘めており、体の不具合を治す
のに、やり方を体に指示する必要はなく、肉体が自然と身体自身を癒してゆきます。
 
しかし、健康を損なっていたり、免疫機能が何らかの理由でおちているときに深刻な
けがや病に倒れてしまうと、自己治癒能力が十分でない状態になります。
 
QTは、私たちの体が同調できる強力な自然のエネルギーフィールドを単に提供する
ことで、各自の自己治癒能力を加速させるのです。

我が家のインコが、何事もなかったかのように元気にしているのをみると、その効果の
程に驚かざるをえません。

心理カウンセラー、メンタルケア心理士、メンタルケア心理専門士
(メンタルケア学術学会所属)として、メンタルケアのカウンセリングも行います。
QTの技術を取り入れた、感性豊かなカウンセリングを行いたいと思っております。

多くの方とのご縁を楽しみにしております。

(近日、メンタルケアのページとQTのページを追加予定です。)